Web サイトと blog とツイッター

こんばんは、田村です。

メンズエステ店を営業していく上での広報、プロモーションに関する話です。僕が感じて実験途中のことでもあり、こうだ、と決まった話でもなく全体としてはこのような形で柔軟にしていくべきものではないかなあ、と思うことです。

お店の web サイトは必要だと思います。お店の web サイトはお店の存在意義でもあり、どのようなお店なのか、どのようなサービス内容なのか?。と言うことをお客様に、そしてお客様候補に示す大事な役割があるのではないかな?と感じています。どのようなお店なのか?、と言う点だけでもその条件を満たすお店は「ほとんど無い」と言って良いのでは無いかと感じます。

まあ、当店のようにいろいろ書きすぎるのも弊害がある。と言う意見も承知していますし、それも確かにあるかな?。と思わないでも無いですが、メンズエステ界のあまりの訳のわからなさに非常に困った経験がそうさせるのだと思います。メンズエステを知らない方にも興味を持って欲しい。そう思ってつい書き過ぎてしまうのが僕の欠点かもしれません。それでも僕はお客様とセラピストさんを騙すことは出来ないと言っておきます。

blog ですが、オワコンだと言う方もいらっしゃるらしいですが、僕は現在でも十分有効な広報手段だと思っています。SNS の時代だから、と言うような方もいますが、各種 SNS に比べ blog が劣勢になると言う理由を説明していただきたいと思います。要は使い方では無いかと感じます。

僕の一番古いブログはすでに10年以上経っていますが、今でも毎日数百アクセスを稼いでいます。まるきりほったらかしなのに、それがある意味ブログのいいところでは無いでしょうか?。

僕は今 WordPress でサイトを作っていますが、WordPress には当然ながら、 blog の機能があります。が、いわゆるホームページ内で blog を運営するのは、あまり賛成できません。ホームページの特色が濁ってしまうような気がするからです。ホームページ内では(例えば)お店に関する業務連絡や、セラピストさんの日記等、お店自体に深く関わる事柄を blog に書くのがいいような気がしています。

例えば、ツイッターは速報性はあるしメンズエステ とも親和性は高いです。でも、理由はわからないながらもいきなり凍結される方が相当いたりとか、その信頼性に欠けるところがあります。僕は Twitter のみが悪いとは思いませんが、コロナの時代にいろんな問題があるからかもしれず、本来それほどエロティックでは無いはずのメンズエステが現在のような状況になってトバッチリを食っているのかもしれず。とりあえずいつ何時凍結をくらいかわからないようでは、お仕事用の(メンズエステの)広報手段としては信頼性に欠けます。

以前にも書きましたが、柔軟性を持たせた方がいいんじゃ無いかなと思っています。常にブログを運営していれば、万が一トラブルがあってホームページがダウンしたとしても、ブログで広報できますし、最悪、レンタルサーバーであれば、リダイレクト設定して難を逃れることも可能です。

Twitter がアカウント凍結されたとしても、例えばサブアカウントを作っておいて運用するとか、web サイトで常にお客様にみていただけているのならば、その旨広報してもいいわけです。

少なくとも現代においては、ネットでのプロモーションというのは無視できない存在です。例え youtube がそれなりのアクセスを誇っていても、web による演出とかがなければ、ただ動画が並んでいるだけになってしまうかもしれません。プロモーションの主導権を YouTube にとられてしまうと言うことです。

総合的にweb プロモーションを考えた方がいいような気がすると言う、そう言う話でした。

0

リニューアルオープンを目指しています。 セラピストさん募集中、働きやすい環境を作っていきます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。