テーマを SWELL に変更しましたが、まだ修正が終わってません。すみません。

ブロックエディターを使ってみると結構面白い。

田村です。

つい最近ブロックエディターを使い始めました。僕はワードプレスを使い始めてまもないですから、一番初めに触った WordPress の内蔵エディターはブロックエディターでした。そのときの衝撃を今も覚えています、あまりの衝撃にもっと普通のエディターはないのだろうか?。と探して見つけたのが、Classic Editor でした。

まあ、言ってみれば Classic Editor は”普通”のエディター、ですし。文章を書いて部分に装飾を施す。といったような感じで、書き進んでいきます。

ブロックエディターは文章もそうですが、一定の体裁の書式そのものを様々なブロックとして、挿入することが可能です。だから、ここは自己紹介のブロック。とか、ここは写真のブロック。みたいな感じで”しかも”左右に分割するブロック。とかもありますから、エディターそのものだけでClassic Editor よりも表現力が多彩だ。ということも言えるかもしれません。

ただ違和感もあります。

まあ、昔から日本のワープロというのは見た目の表現力を気にする傾向が多くて、文章の論理的な構造を無視する傾向がある。と言われていたような気がするんですが、似たような傾向があるような気がします。文章の部分部分の装飾よりも構造的な作りで表現しようとしている、それが各種ブロックなのだ、そんな気がします。

ただ単に文章を入力していくだけなら、ブロックエディターも Classic Editor もそんなに変わりません。ブロックエディターで書き進むと、段落ごとに次の新しい文章のブロックを自動で挿入していってくれるので、さほどおかしさを感じないからです。

また、僕はまだ使い始めなので、どのようなブロックがあるのかよくわかっていません。どのようなブロックがあって、どのようなことが可能なのか?。そして、結構大事だと思うのですが。サードパーティー製のブロックが(多分)たくさんあり、それらの統一性が担保されないような気がするのです。

TCD 製のテーマで最近ページビルダーが廃止されることが発表されましたが、今後、新しいテーマに切り替えたとき、かつてページビルダーで作ったページは表示されなくなるのです。

A というテーマに付属のブロックで作ったページが、B というテーマに切り替えると使えなくなるのか?。少なくとも僕は作ったコンテンツそのものは存続できるべきだと思うんですよね。

いままでも、装飾などを抜きにした文章そのものはそういう感じじゃなかったかと思うんですが、よくわからないながらも不安を覚える。ということです。

テーマの開発をするところもなんとなく二つの流れを感じるんです。

・元々 WordPress は GPL で保護されているフリーソフトウェアなのだから。その存在もなるべくフリーで開かれた存在であるべきだ。という意見と。

・特殊な作り、サービスで顧客を囲い込むような方針のところ。

どちらも、お仕事である限り致し方ないような気もしますが、ブロックエディターの普及に絡めて、なるべく有利なポジションを取りたい。という意識の現れかもしれませんね。

話題がずれてしまったような気がします。

文章でないブロックにはどのようなものがあって、文章そのものに対するエフェクトと、ブロックに対するエフェクトがあるのだ。ということを抑えておけば、ブロックエディターの使い方そのものは、習得するのにさほどかかる物ではない。という気がします。

みんな、今までとの違いに戸惑い、これまで培ってきたものがなくなってしまうような感じがするのでしょう。

僕個人の感じ方としては、部分部分に対する装飾もそれなりの統一されたものが欲しい気持ちもあります。

ですが、それ以上に感じるのはある一定の範囲に関わる、総合的な”装飾”です。

ここのブロックは、こんな雰囲気にしたいとか。このブロックは罫線で囲いたい。とかそういう感じ。多分ですが、CSS でするような感じ?。今でも多分 CSS が書ける人はそうしてるのかな?。よくわかんないけど。でもブロックエディターの目標の一つが「なるべくコードを書かないこと」だとしたら、そういった CSS による装飾、とその範囲の指定。などもうまく処理して欲しいなあ。

まあ、ブロックエディターに対する今後の不安(Classic Editor は廃止が決まっています)はだいぶ無くなりました。万が一 Classic Editor がなくなっても、しようがない、今はそう感じます。それよりもブロックエディターをもっと使いやすくして欲しいし、その環境を作って欲しい気がします。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ここ最近はブロックエディター対応のテーマのことを調べています。

コメント

コメントする

目次
閉じる