今まで乗ってきたバイクのこと

こんにちは、田村です。

先日バイクのことを書きましたが、今までの乗り継いできたバイクのことを書いてみようかと思いつきました。これまた、興味のない方はスルーしていただけると助かります。

1台目、ホンダ スーパーカブ、1,000円。
18で、自動車の免許を取って(田舎では高校卒業までに免許を取るのが必須です)、少なくとも原付は乗れるようになったわけです。それで自分で乗れるのが欲しいなと思って手に入れたのがこれです。写真は僕のじゃないですし、70cc 版ですが、この頃のタイプであったということでした。高校の帰り道にいつも見ていた、通学途中にあった解体屋で購入、1,000円でした。その後整備してナンバーをとって乗り回します。

2台目、スズキ GN50、50,000円。
なんで乗り換えたのか覚えてないのですが。ちゃんとしたバイクの格好をしたのが欲しくなったのかもしれません。結構高かったですが、フロントフォークが曲がったりしていて、現状渡しで店頭で買ったので、これでも安かったのだと思います。当時は仙台のダイエーでバイトしていたので、なんとか買えました。ひとりで走っている時はいいのですが、当時仲間はすでに中型に移行していたので、一緒に走ると悲しい思いをしました。

3台目、スズキ GS400、20,000円。
その後、バイトをしたお金で念願の中型免許を取得(40,000円位だったような)大きいバイクが欲しくなり、当時行っていたバイク屋で放置されていたこれを購入。活動範囲が飛躍的に広くなりました。青森県の大間まで行ったりしました。

当時湘南爆走族とかの影響で人気が出まして、その後手放す時は同じバイク屋さんが購入時の何倍もの値段で買い取ってくれました。感謝です。

4台目、カワサキ GPX250 R1、よく覚えてないが40万円くらいだったかな?。
その後無事に就職した僕はきちんとしたバイクが欲しくなり購入。とてもいいバイクだったのだが、何しろ若くて馬鹿だった僕は結構事故ったりして、あまりいい思い出がない、比較的早期に手放した。

5台目、ヤマハ TZR250R 、よく覚えていない、15万円くらいだったはず。
非常にいいバイクだけれども、イマイチ刺激の足りない GPX に物足りなさを感じた僕は TZR を購入し、ツナギなども購入してサーキットを走ることとなるが、世の中にはとんでもなく早いやつがいっぱいいることに気づき、割と早い段階で撤退することになる。ちなみに当時走っていたのは、西仙台ハイランド、二本松。とかで SUGO にはあんまり行かなかった。本気組がたくさんいたので邪魔にされる気がしたのと、高速サーキットが怖かったからでもある。お金もなかったしね。

これで、東北1周不眠 1000kmノンストップツーリングとかしてた。今でも無茶だが、当時はもっと無茶だった。

6台目、カワサキ ゼファー 400。全然覚えてない、これも15万くらい?。
ちなみに言っておくと当時ゼファーはとても不人気者だったので、中古車が安かった。これにステンのドラッグサイクロンをつけて最高に気に入っていたが、何しろ遅かった。速さを求めないには当時の僕はあまりに若かったからそれが不満でした。

7台目、スズキ GS750G、覚えてない、一桁万円だったはず。
大型免許取得を決意して、購入するも仕事が忙しく断念、早期に手放す。

8台目、ホンダ CBX250RS、姉のお下がり。
買い換えるので手放すというので、いただいたのだが、あんまり乗った記憶がない。次のバイクの下取りにしたんだったかな?。

10台目、ホンダ GB250、姉のお下がり。
もう乗らないというのでもらった。上の CBX とほとんど変わらない構成の 250 だが、これはとても良かった記憶がある。お値段控えめな 250cc のバイクなのでサスペンションがプアなのが玉に瑕だったが、単気筒だがよく伸びるエンジンと相まってとても楽しかった、少しだけお金をかけてサスペンションをグレードアップすればとても良いバイクになっただろうと思う。

11台目、カワサキ KS80 2、お値段忘れました。
転勤が多くなり、転勤先に持っていくために小さいのが欲しくなり購入。ちっちゃくて軽かったので、めっぽう早かった。アパートの部屋に入れたかったが、流石に入らなかった記憶が。

12台目、スズキ DR125S、お値段忘れました。
ちっちゃいバイクもいいものだと、小さいオフロードが欲しくなり購入。その後群馬に赴任することになり、持っては行ったが何しろ高速には乗れないし、スピードも出ないので、十二時間かかって自走で搬送した。

13台目、ホンダ BAJA、お値段忘れました。
群馬で、山を走ることの楽しさに目覚めた僕はちゃんとしたオフロード車が欲しくなり、購入。僕にダート走行のイロハを教えてくれたいいバイクですが、何しろダート初心者なのであまり真価を発揮させてあげられなかったのが心残りです。群馬から離れるときに手放す。

14台目、ヤマハ TZR 250R、友達がくれた。
群馬から帰るときにバイクを手放してしまったので、当時バイクに乗り始めてから初めて乗るバイクがないという状況に遭遇した。バイクがなくて腑抜けていた僕を見かねて、友人が余っていたバイクをくれました。それがこれ。

15台目、カワサキ KDX 250SR、30万円くらいだったかな?
群馬で覚えたダート走行の魅力を忘れられなく、オフロードバイクを探していたが、バイク屋さんに頼んでオークションで入手してもらった。信じられないくらいいいバイクだった。
燃費が良くて、パワーがあって、操縦性がよく、オールマイティーに使えるバイクでした、これでずいぶんな距離を走破しました。強いて欠点を言えば、2サイクルエンジンの微振動で、お尻とかち◯ち◯が痒くなってくるくらいのものでした。

程度のいいものがあったら、今でも欲しい。

16台目、カワサキ GPX250R2、値段覚えてない。
とうとう結婚することになった僕はタンデムできるバイクが欲しくて購入、KDX の微振動と三角木馬みたいなシートに座ることを拒否されたからだ。タンデムには良かったが、パワーがなかったので緊急時の危険回避がイマイチだったので手放した。二人乗りしてると幅寄せとかしてくるクソ野郎がいるんだよね。


17台目、ホンダ CBX750F、値段忘れたけど安かったはず。
ヤフオクで購入、茨城の業者のところまで取りに行った。初めての大型バイクだし、面白かった。が、何しろ安く買ったものなのでトラブル頻発した。

メーターワイヤーが切れてメーター動かなくなる、ブレーキが突然効かなくなる。リヤショックの調整が効かなくなりほとんど動かなくなる。リヤブレーキも効かなくなる、ついでにクラッチもオイル漏れする。止めにはバッテリーが爆発して出先で走行不能になったり。
まあ、よくトラブルが起こるものだと感心するくらいトラブルだらけで、当時の妻を乗せてツーリングは最後までできなかった。

18台目、ハーレー スポーツスター 883R、当時100万くらい?150?
あまりに壊れる CBX に妻の堪忍袋の尾が切れたのか、半端に中古のバイクを買うから壊れるんだろう。だから、新車を買いなさい!。とのお告げにより、新車購入計画をスタートする。が、第一候補のゼファー 1100はすでに生産中止で入手できなかったので、次候補としてスポーツスターを購入することになった。

アメリカ製で、今までにない乗り味にとても戸惑ったが、それがまたいい刺激だった。日本車に比べると、速いとか遅いとかどうでも良くなるような強烈な存在感は大好きだった。

が、その直後人生最大の試練に遭遇し、プライベート、仕事、家族と全ての件でトラブル発生し手放してしまいました。その直後大震災発生!。

よく生きてたな、と今にしても思います。

19台目、ホンダ GL500 Custom、タダ。
震災後4、5年が経ちもうそろそろバイク乗ってみるか?と思い始めた頃当時の勤め先の社長がくれました。ボロボロでしたが、気合で磨いて復活させました。僕が今までで初めてゆっくり走っても楽しいと思えたオートバイです。これも古いなりにトラブルは多かったですが、北海道ぐるっと4000km とかツーリングしてきました。まだ、地元で眠っています。

20台目、カワサキ Vulcan S、乗り出し90万くらいかな?。
年齢的にある程度の大きさのバイクに乗るのは最後のチャンスかもしれないと思い、購入。バイクに乗る人間でさえ存在を知らない超不人気車。だけど販売中止にはならないからある程度は売れていると思われる。

GL500 に続くバイクなので、ゆっくり走っても楽しいバイクを期待して購入したが、正解だった。しかも排気量が排気量なのでパワーもそこそこある。低重心で乗りやすいし、体の小さい人向けにシート、ステップ、ハンドルは数種類から選ぶことができる。僕はステップ位置だけ1段階前に移動しただけですんだ。インドネシア製なので割と安い。作りはあっさりはしているが雑ではない。

最近仕事のことばかり考えているので、もう一年近く乗ってない。

とまあ、こんなところでしょうか?
正直言いまして、自分が思った以上の台数でした。

0

当店は「ファイナルスタイル 福島」として再開いたします。 新しい風が吹いてきています。古いものは脱ぎ捨ててしまいましょう。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。