どうして数あるweb 制作システムの中からWordPressを選んだのか

こんばんは、田村です。

最近 WordPress のエントリーばかり書いてますが、どうして WordPress を使うようになったのか?。という点について、書いてみます。

昔は(大昔は)html を手書きしていた時代もありました。とても大変でした。そのうちにブログが流行り始めました。自分で html コードを書くこと無く、毎日の日記のように簡単に書き続けられるシステムは当時画期でした。

コンピュータ関係のブランクもあり、気がつくと昔はやっていた MovableType はもうあんまり見えなくて ワードプレスばかりになっていました。僕はメンズエステの仕事をすることになり、仕事用の web サイトを作る必要に迫られました。ある程度出来合いの(中身は WordPress かわかりませんが)CMS システムによる Web サイトシステムを使用することになりました。が、とても使いにくいものだったのです。WordPress なら世間にたくさん情報がありますが、専用システムでマニュアルも無くどう使えばいいのかさえよくわかりませんでした。

それが、大体ですが月額料金 20,000円でした。その後、Googleのサービスを使い始めた時に Google からセキュリティ上の重大な問題がることを報告されます。それに対応してほしいと伝えたのですが、当時の代理店はまず、話が通じませんでしたし、対応もできなかったのです。

お仕事で使う web サイトに重大なセキュリティ上の問題があるのに話が通じず、対応もできない。そんなことがあるのだろうかと、とても残念な思いでしたが、現実は深刻です。緊急にそれに変わるシステムを探さなければならなかったからです。開店間近だったからです。

実際のところ、ワードプレス以外に現実的な解決方法はなかったのです。いわゆる CMS (コンテンツ マネジメント システム)的なものは他にもたくさんあります。ですが、メンズエステで使えるようなテンプレートを持った(WordPress ではテーマと言います)システムは他にないからです。いわゆるオーダーメイドで作ってくれる会社はたくさんあるでしょうが、何十万円から何百万円までいくらかかるかわからないことでしょう。

あちこち調べていた、僕は有料、無料合わせて使えそうなテーマを調べまくりましたが、中でもデザイン的に一番使えそうな TCD 製のものに決めたのです。例えレンタルサーバー代がかかろうとも WordPress 本体は無料です、WordPress は無料で公開されている、オープンソースソフトウェアなのですから。僕は全然知らないところから始めましたから無駄にお金を使いましたが(結果的にはとても勉強になったので無駄ではなかったのですが痛かったです)、フラットに WordPress を始められれば、大した金額ではない上に「自由」が手に入ります。

本当のところ、自由に自分で好きなサイトを作れるとはいっても、サイト制作に費やす時間はそれなりにかかります。しかもメンズエステ店は拘束時間はとても長く、時間を捻出できない方も多いのではないかと思います。実のところ僕自身サイト制作に費やす時間を時間工賃で考えたら気が遠くなるほどのお金を費やしたことになるはずです。WordPress は高機能ですがそれなりにめんどくさく、覚えなければいけないこともそれなりに多いです。

そのお金があれば、制作会社へ十分制作依頼できたほどの。

それでも、今からきちんとお話が通じる制作会社を探すことは、もうしたくなかったのですよね。僕が自分で web サイトを作ったことに対してもずいぶん攻撃されたこともあります。それでもお客様に 迷惑をかけるかもしれないサイトで知らん顔して商売を始めることは僕にはできなかったのです。まあ、web のことを知らない人間が僕のことを攻撃したとしても、なんの問題も感じないのですがね。

デザインとか、集客に関してはまだまだ僕は勉強中の身です。ですが、現代においてはネットを介しての集客は避けられない現実です。WordPress を勉強することによって、まだまだ未熟ながらも SEO 対策をはじめとする web マーケティングについて意識するようになったことは大きな収穫でした。

最大限の努力はしますが、僕自身はメンズエステ店が真っ当に受け入れられるようになることが1番の目標であって、クソだろうが、味噌だろうが儲かれば勝ち。というやり方ならしないほうがマシです。

なんだか、話が逸れてしまいました。WordPress は今のところ業界最大のシェアを誇るシステムです、全世界の web サイトのうち 40%近くが WordPress です。CMS としてみると半分以上が WordPress なのです。それの何がいいかというと、関連の日本語ドキュメントが豊富なのです。

何か困ったことがあれば、web で検索すれば大体の情報が発見できます。海外には WordPress 以外にも優れたソフトウェアがたくさんあるのです。でも、ほとんどは日本語ドキュメントがないために二の足を踏むことになります。英語に堪能な方が羨ましくなる瞬間です。

WordPress ならそのような心配は要りませんし、トータルで見ればリーズナブルなお値段で使用することが可能です、融通が効き、自由で、しかも機能性ではなんの問題もありません。強いて言えば全て自分でやるということはそれなりに大変な思いをすることになりますが、そもそもメンズエステ店を自分でやろうと思った時から苦労は覚悟の上なのです。

現実的に WordPress 以外に選択肢はなかった、というお話しでした。

0

リニューアルオープンを目指しています。 セラピストさん募集中、働きやすい環境を作っていきます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。