WordPressのススメ web サイトと Twitter

こんにちは、田村です。

ふと思いついたので、少しイレギュラーなことを書いてみたいと思います。

ここ最近 Twitter のアカウント凍結が、深刻な話題になっています。はっきりした理由があるならば、しょうがないのですが、原因不明なまま、アカウント凍結されて、復帰できないという方が増えているのです。その直接的な対処方法、復帰方法を述べようということではないのですが、ある意味本質的なことかもしれません。

このサイトも違いますが、一昔前は web サイトのアドレス(URL)は”http://www.”で始まるのがほとんどでした。

www とはなんのことでしょうか?、”World Wide web ”ということなのです。web とは何か?、クモの巣のことです、つまり世界中に張り巡らされた蜘蛛の巣のことなのです。めんどくさいようですが、説明しましょう。つまり分散処理されて、どこか1個所が破壊されたとしても、周りのノードがお互いに手助けしあって、全体としては問題ないように処理するシステムのことです。

元々アメリカ軍が開発したシステムを民間に開放したようなものですから、そもそもから、異常が起きることを前提にしたシステムになっているのです。

つまり、何が言いたいかというと、僕は Twitter がとても好きですが、それに依存したメンズエステの広報はどこか間違っているのではないかということです。いろいろと分散して、どれか一つがダメになったとしても、残った部分で変わりなく機能するようなシステムを考えるべきじゃないでしょうか?。

僕が提案したいのは自店の web サイトを中心としてシステムを考えることです。自店の web サイトは、公式のものですから、Twitter とか、insta などよりも常に情報は一番早く更新するべきです。そして、僕のお勧めは前にも言いましたが、並行してブログも運営することです。万が一どちらかが、アタックされて、あるいはトラブルによって稼働できなくなったとしても、両方一度にダウンすることは考えにくい。どちらかが残れば最低限の広報はできます。

その上で、Twitter も運営すべきと考えるのですがどうでしょうか?。そして、異常なことが起きる前にサブアカウントも作っておくべきでしょう。そして、万が一の時にアナウンスしていただけるような、お客様、近隣の仲間となるお店。とかも作っておくべきです。

そして、もちろんTwitterだけではなくて、insta とか Facebook とかも可能ならば運営するべきです。そして、広告サイト、有料のサイトなども合わせて、考慮すべきです。どれか一つに依存することは、これからの時代とても危険のような気がします。

メンズエステ業界では、それほど聞こえませんでしたが、風俗業界では有料の広告媒体の存在意義について、コロナ問題の昨今だいぶ突っ込んだ議論がなされていました。僕たちとしては、お店を流行らせるために広告媒体に載せるのであって、広告媒体の会社を儲からせるために乗せるのではない。ということを肝に銘じるべきです。

最近の Twitter の不安定さは残念ですが、いつかは安定してくるものと思いますが、アメリカ本土では大統領ですら凍結させるかもしれないということで、各 SNS を大統領が規制するかも、みたいなことになっています。コロナもそうですが、これからの時代はどのようなことが起こるかわからないこともあります。

Twitter 大好きですが、それだけに頼るのは心許ないので、気をつけましょう。

追記:Twitter と併用して、Tapeste を使う、という手もあります。Tapeste とは Twitter と併用して使えるメンズエステ 専用の SNS 補助システムみたいなものです。常日頃から Tapeste を使っていれば、最悪の場合でもお客様にアナウンスすることが可能です。僕のところみたいに田舎ではあまり普及してませんし、現時点ではまだ未知数なところもありますが、強みはメンズエステ 専用システムということです。Twitter のように原因不明で凍結ということは考えにくいです。

0

リニューアルオープンを目指しています。 セラピストさん募集中、働きやすい環境を作っていきます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。