WordPressのススメ 序の2

こんばんは、田村です。

WordPress 入門的な記事を書いています、詳細は前の記事をご覧ください。

レンタルサーバーのススメ
WordPress を始めるのには、いくつかの方法がありますが僕が圧倒的にお勧めするのがレンタルサーバーを借りる方法です。今では様々なレンタルサーバーがあります。少し検索すれば書くレンタルサーバーの比較の記事などもたくさん見つかるのではないかと思います。

ところで、WordPress でサイトを作ろうと思ったときに割と上位に出てくるサイトで WordPress.com というところがあります。こちらはレンタルサーバー屋さんではなくて、WordPress を使った blog サービス屋さんのようなもので、WordPress の良いところである自由さがまるでないし、意外と安くもないので、お店の web サイトを作ろうと言う用途であれば、全然お勧めしません(実験済みです、痛い出費でした)。

レンタルサーバー比較・15選

WordPressに最適なサーバーの3つの条件とおすすめ

僕が使っているのはエックスサーバーですので、エックスサーバーをオススメします。
もちろん、別にエックスサーバーでないといけない理由は何一つありませんし、僕はエクスサーバーしか使ったことがないので、良いところと悪いところの判別がつきません。僕自身で情報収集した結果ですし。少なくとも今までに不満を感じたことは一度もないです。

エックスサーバーの良いところ
はっきり言いますと、今まで特に何のトラブルもないので、他と比べてここが良いとか、そう言うことは何も言えないのですが、せっかくですから皆さんにはしっかり比較して調べることをお勧めします。

管理が楽なところ
基本的には上のような、サーバー管理パネルがあってここでサーバーに関することはすべて設定できます。特にコードとか書いたりするところはほとんどないです。ほとんどと書いたのは SSL 以外の接続を遮断する設定で、いつも一箇所だけはエディターでコピペするからです。 (今は当時と違ってこの作業が要らなくなっているかもしれません)

ドメインの管理も一緒にできるところ
エックスドメインと言ってドメインの取得管理をする部門もあります。ドメインの取得など安いところでやるのが普通なのかどうか知りませんが、エックスドメインで取得すれば、シームレスにエックスサーバーで設定に移れるので、そのようにするのが僕はオススメですね。少しくらい安いとか高いとかあっても、管理が楽な方が良いです。ちなみに僕の時にはキャンペーンをやっていて、ドメイン一つ無料でした。どうもサイトを見ると間も無くキャンペーンは終了するようですが、焦らずにしっかり検討しましょう。(その後別なキャンペーンが始まりました)

安いプランでも SPEC がしっかりしているところ
僕は一番安いプランでの使用をしていますが、安いからと言って SPEC がイマイチな感じではないです。金額の違いはストレージ容量の差とかで、僕が加入した時よりもスペックアップしているので、データベースとかも変わらなくなってしまいました。

その他のサービスもかなり良いと思います
証明書を要求されない SSL 接続は無料とか、自分のドメインでのメールアドレスの発行が自由だったり、メルマガも可能。マルチドメインも可能です。事実僕は実験のためも含めると10近いドメインの運用をしていますが、別に不具合はありません。

0

リニューアルオープンを目指しています。 セラピストさん募集中、働きやすい環境を作っていきます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。