プラグインやウィジェットってなんだろう WordPress

こんにちは、田村です。

WordPress をいじり始めて、少しづつ慣れてきましたが始めの頃はさっぱりわからず。特に言葉がチンプンカンプンでした。よく出てくる言葉でわからなかったものが、「プラグイン」と「ウィジェット」でした。どちらがどちらなのかしばらく分かりませんでした。

その辺を書いてみようと思います。

まずは、プラグインから。
その名の通り、後からプラグインして使える。つまり  WordPress 本体とは別の小さなプログラムで、いろいろな機能を後付けで WordPress に付け加えることができます。

でも実のところ使っているテーマの機能にもよると思います。TCD のテーマは SEO 対策が初めからなされているので、SEO 対策用のプラグインは別にいらないんじゃないかと思いますし。仮にとても高機能だったとしても、有料で結構お高いプラグインもありますしね。僕の好みとしては、シンプルで小さい単機能プラグインを複数使うのが好きです。問題の切り分けもしやすくなりますしね。

とは言っても、これまでのところプラグインでのトラブルはまだ経験したことはありません。一応、使う前に各種調査はしますし。皆さんの評判も一応は確認しますしね。

実にいろいろな、プラグインがあり。総数では 50,000 を超える種類があるそうで、もちろんですが中には大したことないものとか、セキュリティ的に問題のあるものが含まれている可能性もあります。僕はこういうのが好きなので、面白そうなプラグインを見るとつい試してみたくなったりします。この blog くらいならいいのですが、本ちゃんのお店のサイトなどではあまり変なものは試さないようにしましょう。

この画像で、左側に「HEAL」の広告や、”カテゴリー”と書いてあるところがありますが。こういうひとかたまりを「ウィジェット」と言います。専用の設定画面がありまして、小さなかたまりをそのまま、ページのあちこちに貼り付けることができます。

各カテゴリーであるとか、過去記事、カレンダーとか画像を貼り付けたり。こちらも色々ありますが、もともと備わっている機能の一部をひとかたまりにして特定の場所に貼り付けるための機能。と言ったらいいかもしれません。

どのページを見ている時に、サイド部分にどのようなものを表示させるか?。セラピストさんのページを見たら、電話番号がどこに書いてあるのか?、というようなサイト自体の動線などを考える上で、ウィジェットになっていると融通が効きます。

僕も勉強中であるのですけれどね。

WordPress は SEO に強い。と言われることがあるようですが、別に元から強いわけではなく。このように融通がきく作りになっているために、SEO の対策等もすぐに対応することも、そのようなシステムを作ることも容易だ。ということではないかと思います。

僕たちの仕事の第一義は「いいお店」を作ることです。でも、せっかくいいお店を作ったら、みんなに知ってもらって、たくさんのお客様にきて欲しいじゃないですか?。大昔なら口コミや、紙媒体に載せるしかなかったでしょうが、今はネットの時代です。SEO 優位なら多くのお客様の目に止まる可能性があるではないですか?。

SEO 対策とは言っても、一番いいのは真面目に更新をして少しづつでもアクセス数を増やすことです。小手先の SEO 対策をしても今は、Google などの検索エンジンも賢くなっています。更新も仕事のうちだと思えば、少しは気合も入るのではないでしょうか?。どのようなことでも魔法はなかなか起こりませんが、日々更新して行った結果、検索上位に表示された時には嬉しいものですよ。

0

リニューアルオープンを目指しています。 セラピストさん募集中、働きやすい環境を作っていきます。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。